健康増進をはかる

糖質制限生活

糖質制限とは炭水化物の摂取量を制限することで健康増進をはかる方法です。炭水化物はごはんやパンなどの主食や甘いスイーツなどに多く含まれます。よって、糖質制限をするということは今までの主食や間食を何か別のものに置き換えることになります。 単純にごはんだけを抜くという食生活でも糖質の摂取量はかなり抑えられるでしょうが、ストイックな人たちは醤油などの少しでも糖質が入っている調味料も使いません。 糖質制限は脂肪を溜め込むホルモンの分泌を抑制する効果があるため、メタボの改善などに効果があるとされています。糖質制限は初めの頃はいきなりの食生活の変化でつらいこともあるので、ごはんを減らす程度のことからが入りやすいです。

糖質制限は生活習慣病予防に最適

たとえば、体脂肪が多い、中性脂肪が多い、血糖値が高いような場合は、何らかの生活習慣病になってしまう場合があります。 このような状態を改善して生活習慣病を予防するためには、糖質制限が有効であると考えられます。 糖質制限は、糖質が含まれている食べ物を控えるという方法で行います。たとえば、ご飯やパンに含まれる炭水化物や砂糖を多く使った食べ物を制限します。ただし、糖質制限はあくまで制限するのは糖質だけであり、肉や魚、野菜と言ったタンパク質やビタミンを多く含む食品に関しては制限する必要がありませんから、食事量を減らす必要はありません。 また、糖質制限は夕食のみ、もしくは昼食のみだけにしても十分効果的であると考えられます。